バートンのスピードレース交換(LOWER ZONE編)

足の甲側(下部)のブーツのひもが切れてしまったので交換をしてみました

バートンのブーツには、ひもタイプ、BOAタイプ、そしてスピードレース(バートンではスピードゾーンと言うらしい)というタイプがあります。

スピードレースタイプのBurton SLX

今回はスピードレースタイプの足の甲側(LOWER ZONE)のひもが切れてしまいました。

ブーツも新品で買うと安くない物、ひもが切れただけで買い換えるのはお財布に優しくない、ということで、自分で交換してみました。

足の上部のひも(UPPER ZONE)の交換方法はこちら↓

必要な物

  • 交換用のひも
  • はさみ
  • 先の細めなピンセット(あった方が良い)

交換するひもはバートンの公式のメンバーズサイト(https://www.burton.co.jp/members/parts/parts_index.asp)から購入可能です。

購入方法についてはこちらを参考にしてください。

メンバーズサイトは終了し、現在はバートンの公式オンラインストアで購入できます!

ただし、サイトを見てもらえればわかりますが、BOAタイプの物は販売していないので、BOAタイプで切れてしまった人はショップなどで修理してもらう必要があります。

ということで、ブーツのひもを交換していきたいと思います。

今回切れたのは左足のLOWER ZONEです。

スキー場で切れたので結んで応急処置

バートンの公式サイトからパーツを購入してみました。

購入後すぐに発送されて、2日後には到着しました。

本体は1,400円ですが、送料と代引き手数料で2,000円ちょっと+消費税。

ただブーツの値段を考えれば、ひとまず修理です。

公式オンラインストアでは一定金額以上の購入で送料や代引き手数料無料になります。また、手数料無料のクレジットカード決済も可能です。

ちなみにSLXで標準のひもは黒と白のまだら模様ですが、交換品は黒、基本的に全てのパーツは色が選べませんので注意。

交換方法

ではいざ交換を・・・

と、ココで注意が1つ、バートンの公式サイトでは、パーツは売ってますが、交換方法は書いてありません。

なので、切れたひもはなるべく最初に一気に抜いてしまわず、抜きながら新しいひもをそこに通す、という順序でやるとスムーズにできると思います。

まず、ひもを引き抜くために、赤い点線の位置をはさみで切ります。

※黒いひもが新品、黒と白のまだらが切れたひもです。

古いひもを下から引き抜きながら新しいひもをロックを通し、すぐ下のトンネルに通します。

少し押し込むとひもが裏側から出てきます。写真のように、古いひもを抜きながら新しいひもを差し込むと間違えずに作業することができるのでおすすめです。

赤い線のようにブーツの裏側から下部のトンネルに通すと、ブーツの表から出てきます。

このあたりは、ブーツが上下に分かれているタイプと一体型で異なるかも知れません。

そしたら、ブーツを緩める時に引っ張るアレにひもを通します。

道なりにひもを進め、ひもを通す穴を上から下に通します。このあたりはピンセットを使うと非常に便利です。

そのまま道なりに・・・

そして、最後の穴に、矢印の方向に表からひもを通します。

最後通したひもを細結びで結んだら完成!

一度ブーツを履いて締めてみて、抜けたり緩むことがなければOKです。

交換したひもは模様のせいかもしれませんが、やや太さが違うように思えましたが、問題なく交換できました。

何回か使用しましたが、特に耐久性やホールド感も変わりなく使えてます。

バートンのブーツは体感ですが他のブーツより硬めで、耐久性があるように感じますが、ひもは切れやすい傾向にあるみたいです。

安い物でもないので、自分で修理して、大切に使っていきましょう。

自分ももうしばらくは修理しながらこのブーツを使っていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA