日本スキー場開発グループスキー場の障害者割引について

今回は日本スキー場開発グループスキー場の障害者割引について、株主優待割引と比較しながらまとめました。

障害者割引とは

全く関係のない別の記事で記載しましたが、私は障害者手帳(身体障害4級)を保有しています。

スキー場のなかには、障害者手帳を提示するとリフト券を割引してもらえる施設があります。

多くのスキー場では障害者割引を導入しており、その割引額は早割に匹敵し超えることもあるため、限られた条件の方のみになりますが、非常に魅力的な割引制度になっています。

そして日本スキー場開発グループスキー場は川場スキー場以外の全てのスキー場で導入しています。

ただ、割引額や適用人数など違いがあります。

また、以前の別の記事で紹介した株主優待割引もありますので、今回はそちらとも併せて比較し、非常に限定的な条件下ではありますが、どのように購入するのが最もお得か検討してみたいと思います。

日本スキー場開発グループスキー場の株主優待割引についてはこちら↓

障害者割引の割引額

ひとまず、全てのグループスキー場の公式サイトから確認できた料金についてまとめてみました。

※前提条件 大人1名あたりの料金・オンライン割引等他の割引は考慮しない・身体障害4級

スキー場(略称)定価(1日券)障害者割引介助者株主優待
八方尾根5,5004,7001名4,500
白馬岩岳4,6002,8001名3,100
栂池高原5,5003,600なし4,000
鹿島槍4,0003,2001名2,500
めいほう4,300(平日)
4,800(土日等)
2,150(平日)
2,400(土日等)
なし2,800(平日)
3,300(土日等)
竜王5,0004,0001名3,500
菅平高原4,8002,400なし3,300
川場4,900(平日)
5,200(土日祝)
なしなし3,400(平日)
3,700(土日祝)

見てみると、同じグループでも割引率や対象にかなり差があります。

また、ほとんどのスキー場で障害者手帳の提示が必要と記載あるため、その他の療養手帳や特定疾患受給者証などは不可かも知れません(要確認)。

障害者単独であればめいほうや菅平高原が、障害者+介助者であれば白馬岩岳の割引率が高めです。

一方、八方尾根、鹿島槍、竜王は株主優待券の方がお得で、川場スキー場は障害者割引の記載がないため、おそらく割引制度がありません。

また、基本的には障害者割引は1日券やスキー場によっては半日券のみで、シーズン券などの割引はありません。

比較してみると、改悪したとは言え、相変わらず株主優待券は非常に魅力的に思えます。

もし良かったら、優待券についてもう少し詳しく書いた記事がありますので、読んでみてください。

結論

  • 障害者本人のみで利用する場合、八方尾根、鹿島槍、竜王、川場は優待券の方がお得
  • 同伴者適用(本人+付き添い1人)があるかはスキー場による
  • 株主優待割引は1枚で5人まで適用可能
  • 障害者手帳以外(療養手帳・特定疾患受給者証)などは要確認(おそらく不可)

なお、手帳の種類、券種など個人によって状況が異なるので、不明な場合はスキー場に確認をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA